鉄骨積算事業


本体鉄骨積算

 当事務所は鉄骨専用の積算ソフトを使って公平性の高い正確な数量を積算します。
数量比較を行っていないファブリケーターの場合、検証すると3~10%の数量差異が生じる場合があります。 正確な数量算出と的確な査定を行うことで、この数量差異を1%台に減らすことも可能です。

 以下の理由でファブリケーターの数量が多い場合があります。
・柱、梁などを芯-芯で積算している
・検証の難しい鋼板を多く積算している、または概算で積算している
・本来、本体鉄骨数量に含めてはいけない副資材の重量が計上されている
・本体鉄骨と付帯鉄骨で2重計上している


構造図付帯鉄骨積算(t計上)

 付帯鉄骨は数量がそれほど大きくならないため、概算にて積算を行います。
数量比較を行い、差異が大きい項目については詳細積算をし査定する流れになります。


構造図付帯鉄骨積算(箇所・m計上)

 デッキ受け・段差受け・嵩上げ・仮説金物などの積算を行います。


意匠図付帯鉄骨項目の抽出

構造図にない階段受けや内外壁下地鉄骨・キャットウォーク下地鉄骨など、意匠図のみ記載された付帯鉄骨を抽出します。
構造図と意匠図の整合性の確認もここで行い、計上漏れを未然に防ぎます。


意匠図付帯鉄骨積算

 抽出した意匠図関連鉄骨を積算します。
取合い等の詳細が不明なケースが多いため、概算積算となります。


査定コンサルティング


数量査定コンサルティング

 積算数量とFAB数量を比較し、お客様に査定の有無を判断していただきます。
本体鉄骨の場合は形鋼→鋼板1→鋼板2→鋼板3・ボルトなど段階的に数量検証を行います。
付帯鉄骨は積算部材の本数や、鋼板・ボルトの構成率などのバランスを確認しながら数量検証をすすめます。


単価査定コンサルティング(t計上)

 積算時に算出される工場溶接長・現場溶接長・さび止め塗装数量・部材本数(柱・間柱・大梁・小梁・ブレース)等から、お客様の基準に合わせた単価査定のお手伝いをさせていただきます。
たとえば、部材本数から輸送に使うトラックの台数や、建方に必要な日数等の算出にお使いいただけます。


査定資料作成

 お客様の仕様やご要望に合わせた数量検証・単価設定資料を作成致します。
作成した資料はお客様に提出してご説明させて頂いたのち、お客様からお取引先へ見直しのご連絡をするという流れになります